合コンがハズれて風俗へ

意外だった初プレイがあるんです

初めてと言うのが意外だったんですけど、この前水着プレイを楽しんだんですよ(笑)風俗でのコスプレのことなんですけど、水着の女の子とのプレイって言われてみたら初めてだなってことに気付いたんです。下着姿と言うのは見慣れているものですけど、水着と言うのはこれまた違うものだなって。覆っている面積は全く同じと言っても良いでしょう。でもこちらの気持ちが全然違うのは「下着」が風俗では身近だからこそなのかもしれないですね(笑)それはともかく、水着の女の子とのプレイは想像以上に興奮しました。下着とは違うって言う知識があるからこそというか、下着とはまた微妙に肌触りも違うんですよね。それもあっていつもとは微妙に違うんですけど、その「微妙な違い」が大きな感動を生み出してくれたのは間違いないかなって。だからたまには水着の女の子とプレイは悪いものではないかもしれないなってことに気付いたとても貴重な時間になったかなって。

だから理想なんですよね、風俗が

女の子に抜いてもらえるサービスと言うだけでも風俗がどれだけ価値のあるものなのかが分かりますけど、風俗の価値はそこだけじゃないと思うんです。むしろいろんなことに対して理想損ものと言うか、ありがたいって気持ちになるんですよね。それはまず、風俗嬢を選べるという点です。基本的に男が選ぶ側です。それだけでも男心を満たせるじゃないですか。さらには風俗は予約が無いとしてもいつでも好きに遊べるんです。つまり、好きな時に好きな子を選べるんですよ。満足感のみならず、男のプライドまで満たすことが出来るのもまた、風俗の特徴なんじゃないのかなって思いますので、風俗で遊ぼうかなって思った時には特に深く考えることもなく、気が向いた時に遊ぶというスタンスでも何も問題ないんです。むしろそのようなスタンスでも十分に楽しめるジャンルだからこそ、ここまで高い人気を集めているんじゃないのかなって思いますので風俗は男の理想そのものなんですよ。