合コンがハズれて風俗へ

苦ではない。それもまた、風俗

風俗は苦ではありません。そもそも楽しむためのものなので苦しいと感じるようなものではないと思いますけど、ただとにかく無数と言っても良い程多くの女の子がいる今の風俗の世界で一人だけ選ぶと言うのもそれはそれでかなりハードルが高いんじゃないのかなとは思いますよね(笑)一人だけ選ぶということは、一人以外選ばないってことじゃないですか。本当は遊んでみたいなって思う風俗嬢がいるとしても、一人だけしか選べないというか、体力的に考えたら一人が限界だと思うんですよね(苦笑)だから時には本当は遊びたくてたまらないものの、泣く泣く断念せざるを得ないケースもあります。辛いなと思うこともありますけど、でも選んだ女の子とはそれ以上の時間を楽しめれば良いなって思っていますし、選ばなかった女の子のためにも、自分自身で最高の満足を目的にすることもまた、とっても重要な心構えなんじゃないのかなって思うよう心掛けて遊んでいるんです。

風俗だからこその楽しみがある

風俗だからこその楽しみというか、あの世界観は文字通り風俗だけにしかないものなんじゃないのかなって思いますよね。女の子が尽くしてくれるんですけど、その女の子は自分が指名することが出来るんです。日常生活では女の子を選ぶどころか、女の子の機嫌を損ねないようにひっそりと息をひそめなければならない生活を強いられている自分にとって、風俗の世界観ほどありがたいものはないんじゃないのかなとさえ思っているんですよね。それくらいありがたいし、それでいて気持ちも良いとなれば、風俗の存在感の大きさも良く分かるって話なんじゃないですかね(笑)むしろそのおかげで自分の中でいろんな気持ちを味わうことが出来ているというか、風俗のおかげで日頃どれだけ女の子に相手にされていないとしても割り切れるようになったんですよね。どれだけ相手にされていないとしても風俗の世界の中では自分の言うことを聞いてくれるのが風俗の世界なんですから(笑)